| 不動産に関する用語集【木(き)】 | 北九州市で不動産をお探しなら、地元密着40年以上の実績を誇る不動産のデパートひろたへ!

株式会社 不動産のデパートひろた

不動産に関する用語集

  1. HOME
  2. 不動産に関する用語集
  3. 木(き)

木(き)

木は、切り取り方によって木目模様が違います。「柾目(まさめ)」は、すっきりした直線的な模様なので、シンプルでモダンなイメージになります。「板目(いため)」は暖かみのある曲線的な模様なので、親しみやすいイメージです。また、木は湿気を吸ったり吐いたりして、反ったりゆがんだりするので、その特性を修正するために「合板」や「集成材」などの木の加工製品が建物や家具に使われることが多く、 「合板」は、原木を薄く切り取り、木目が互い違いになるように張り合わせた板で、反り返る性質を修正したもの。 「集成材」は、一定の大きさの角材を繊維方向を同じにして組み合わせ、反る方向の違う物を接着剤で張り合わせた板で、反り曲がりを少なくしたものをいいます。

か行用語集

会社写真

北九州エリアの不動産購入・売却をお手伝いいたします。なんでもお気軽にご相談ください 0120-210-393 営業時間 10:00~16:00 毎週水曜日、第2・第3火曜日定休

メールでのお問い合わせ

ページトップへ