| 不動産に関する用語集【床仕上げ(ゆかしあげ)】 | 北九州市で不動産をお探しなら、地元密着40年以上の実績を誇る不動産のデパートひろたへ!

株式会社 不動産のデパートひろた

不動産に関する用語集

  1. HOME
  2. 不動産に関する用語集
  3. 床仕上げ(ゆかしあげ)

床仕上げ(ゆかしあげ)

床の工法によって、遮音性は変わってきます。まったく仕上げ材を使わずに、コンクリートスラブがむき出しになっている床を「直床(裸床)工法」、カーペットを敷いたものを「直床(直張り)工法」といいます。スラブ厚が130mm程度だと、裸床から直張りにすると遮音性は高まりますが、スラブ厚が200mm程度となると、あまり差がでないです。コンクリートスラブと床の間に根太(ねだ)を置いたものを「根太床工法」といいます。軽衝撃音に対して効果的ですが、重衝撃音に対しては裸床・直張り工法とあまり差がでません。根太の材質や取りつけに不具合があると、床鳴りがします。

や行用語集

会社写真

北九州エリアの不動産購入・売却をお手伝いいたします。なんでもお気軽にご相談ください 0120-210-393 営業時間 10:00~16:00 毎週水曜日、第2・第3火曜日定休

メールでのお問い合わせ

ページトップへ